読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもとかち避難所

自分と対話します。

レポート

芸術評論1 5月9日宿題 

 戦闘美少女は女性という非暴力的なものに戦闘能力を与える事で成立する矛盾した存在である。彼女らが戦闘少女である理由は存在しない。例えば一人がレイプをされ、その復讐のために一般男性を凌駕する力を手にしたとしよう。これは戦闘少女としてなり得るかといえば、決してそうではない。理由は動機の存在にある。動機により彼女自身が力を手に入れたのであれば、それは世の中がいう戦闘美少女の枠から大きく外れるものであり、戦闘美少女という存在は無垢であり潔癖であり、その存在やあり方に必要性は全くないのである。
 だからこそ娯楽の創作中に置いて、戦闘美少女は絶対的なカリスマ性を持ち、この世の中に存在しえないものであるからこそ、価値あるアイドル的象徴として今日も存在し輝き続けているのである。

 

2014年5月9日 テーマ「戦闘美少女の発展と魅力について答えなさい」